2009年08月22日

【新曲】Loose Change を投稿しました

ボーマス9 C14頒布予定アルバムのリードトラック
「Loose Change」を投稿しました。
カッコイイイラストは碧茶さん作です。
ありがとうございます!
ご意見、ご感想等お待ちしております。




--------------------------------
鏡音レン・初音ミクオリジナル曲 Loose Change

(Miku)
やり場の無い気持ちを空に蹴飛ばして
紛らわすように歌った大げさな夢の
次がどうしてもこの目で見たくて
傷ついた翼を何度も奮い立たせるよ

(Len)
変わらない日常 まるでメービウスの輪を
抜け羽ばたく日を夢みる
ことりのようにもがきながら ひとひらの
未来を胸に 目の前の扉を開け
描いたイメージはまだ半透明
水彩画のような淡いLandscape
けど手に輝く星掴むまでは
決して振り向く事なきLittle Traveler

そう 途方もなく続く道の果て
そのはるか彼方まで虹を架けて 
行くんだ 「私らしくを誇らしく」
保つために決してブラすな軸


(Miku)
この胸の中で枯れたままの心に
道端で咲く花の一片を足して
輝き取り戻せること出来れば
どんな未来だって飛び込んでゆけるから

(Len)
誰もが皆持つ心の鉄格子
解き放つ鍵の在り処 切望し
苦しむくらいならば All My Dear
背負いたい 全てが終わってしまう前には・・・


自分を失わず生きてゆくために
向かい風惑わされずWalk Again
遠くまで来たときこそ深呼吸
ついてから風吹かせよThink Hope

そう 頑ななまでの自分ルール
貫き守るため形作る
ありふれた葉でもCrimson Rose足し
この手で生む四つ葉の未来予想図

何も持たない同士だからひとつになれた
何も知らない瞳に映る景色だから
全てのモノが輝いて見えて
喧騒の中に溶けてしまう事さえ願った




posted by tys at 00:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

ボーマス9頒布CD「CRYSTAL MICROPHONE UNDERGROUND」について@

2007年から細々と(?)活動をしておりましたtys初のCDは
全トラックがラップ楽曲で構成された5曲入り(ある意味80曲入り?)
ミニアルバムです。

-------------------------------------------
タイトル「CRYSTAL MICROPHONE UNDERGROUND」

1.Loose Change(新曲)
2.Invisible Tears
3.Emerald Coast
4.Rainbow Road Runner
5.Shape Of My Song

-------------------------------------------

アートワーク等、確定次第追ってご連絡致します。

また、ボーマス9に向けて作成しておりました新曲
「Loose Change」につきましても、近日中に
公開致します。

posted by tys at 03:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

ボーマス9 参加確定しました

お久しぶりです。tysです。

突然ですが、ボーマス9への参加が確定しました。

しかし、現状多忙につき、創作活動が滞っている状況のため
詳細については後日改めて報告致します。




posted by tys at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

Invisible Tears カラオケリクエスト投票開始しました

去年の末に公開致しました「Invisible Tears」ですが
本日より、カラオケJOYSOUND リアルタイムリクエストの
エントリーが決定し、投票が開始されました。

http://joysound.com/ex/utasuki/request/vote/input.htm?requestNo=2009050324

興味がございましたら、投票よろしくお願い致します。


posted by tys at 23:41| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

【ハルヒ vs Incognito】平野綾 冒険でしょしょ? R&B House Mix

お久しぶりです。tysです。
新曲、聴いて頂いた方、いつもですが本当に感謝しています。

さて、今年に入ってからなかなかアイディアが沸かず
悪戦苦闘の毎日を送っていますw

息抜きがてら、昨年作成したマッシュアップを
リマスタリングしていると、思いのほか気に入ってしまったので
再度アップすることにしました。

posted by tys at 06:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

ミクレン新曲 Rainbow Road Runner

5ヶ月ぶりの新曲です。
イラストは「Invisible Tears」の時に使用した絵のテイストが
お気に入りな為、作者のわっしーさんに書き下ろして頂きました。

トラックはなかなか良いモノが出来ず難産でしたが
久しぶりのサンプリングネタ使い(I Get A Kick Out Of You-Frank Sinatra)
に落ち着きました。

ご意見、ご感想頂けば幸いです。



【クリックで拡大表示】
renren.jpg

-----------------------------------------
地平線が告げるタイムリミット
朝の光浴びても前向きに
なれずにいる僕みたいな君
君みたいな僕と抱くVarious Feelings

「心の壁超え、想いは届くの?」
夜明けに気づいた喪失
モノクロームの景色に取り残された僕の
歌声は力なきコドクノオト

ほのかな想い気づく夕暮れ
届かない言葉知ったDayBreak
夢覚めた朝、頬伝うBRIGHT RAin
傷口に沁みるのはプライドのせい?

まるで路地ウラに咲くdandelion
決して強がる必要なんて無いよ
なのに壊れてしまいそうな Soul & Hearts
隠し君は何故 嘘歌う?

もうさせることはない リグレット
メッセージ 伝えるよ今日も逢いに行くね          
だから空から降り注ぐshiningray
太陽の様な笑み絶やさないでくれ

雨上がりの一瞬だけの七色
グラデーションにも似た二人の岐路
でも逃げないよ 決めよう黒か白
じゃなきゃまたふりだしWe Return to zero

時にはすれ違う 恋は戦争と
思い知らされ 甘い幻想論
例え打ち砕かれようとも
共に歩む果てないRAINBOWロード

いつしか虹の行方見失い
彷徨う時が来てもYou will Be Mine!
互いの罪を許しあい
二人手を取り 切り開き行く未来

夢見る旅路の果てのFine Day
涙流すならこの胸で泣いて
泣いて 泣きやんで いつかSmile Again
祈る空へMessage In our Silence

この空晴れ渡る頃には
僕だけがその凍える ロンリーハート
溶かすことが出来るOnly One
たった一人の男になるから
posted by tys at 05:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

祭屋さんを大プッシュ

ご無沙汰しております。tysです。

当BLOGも相当な期間の放置状態が続いてしまいました。
とはいえ活動休止、というような状態では全くなく

1月〜2月にかけて「トラック作る→気に入らずボツ→
トラック作る→気に入らずボツ→」
を延々と繰り返すという苦行のような日々を送っておりました・・・。

これは前作の時も似たような状況の為
慣れきった事ですが・・・。
3月中にはなんとか、新曲を形に出来そうです。

さて、前作のInvisible Tearsですが、おかげさまで
大きな反響を頂き、それをきっかけに、今までは未知の世界であった
「歌ってみた」方たちを多く知るきっかけになりました。

今日はその中の一人である「祭屋」さんを大プッシュしたいと思います。




原曲も非常にカッコ良いのですが、これを見事に歌いこなす
祭屋さんのポテンシャルには衝撃を受けてます。

今年は歌い手さん達とも積極的に絡んでゆきたいという
気持ちは、新年明けた頃から抱いておりましたが
その想いが、より強まる作品に出会うことができました。
posted by tys at 05:22| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

Invisible Tears カラオケ版をアップしました

新曲を聴いて頂いた方、コメントを下さった方
この場を借りて感謝致します。
今までに無い反響に大変驚いています。

さて、一部の方より、カラオケ音源の提供依頼がございました。

当初は都度、個別提供をしておりましたが、
他の方から要望の挙がる可能性も考慮し、
カラオケ音源を当ブログにてアップ致します。

posted by tys at 02:17| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

Invisible Tears(完成版)アップ



先月アップ致しましたInvisible Tears について
できる限りの事をやりつくした修正版をアップしました。
ご意見、ご感想お待ちしております。

歌詞を一部修正したため、再掲します。


鏡音レン・初音ミクオリジナル曲 Invisible Tears
Words & Music by tys
Special Advisor by All Viewers(You)

今でもこの心揺らすのは
脳裏に焼きつく君のLast Smile
その幻に惑いパントマイム
踊らされ 迎えた朝はCloudy Sky

思えば遥か遠い日の出会い
笑顔の色は輝くEverwhite 
だった 僕の青空をみつけた日
忘れるわけないでしょ 絶対に

唇から漏れたTender Wind に
誘われるまま飛び込んだAventure
疲れ果てた頭で見た白昼夢
見せるのは記憶の底のサブリミナル

Lovely Night 奪いたくて剥いた牙
巡り巡って僕に突き刺さる今
瞳から失われたブリリアンス
その目線はどんな言葉よりも痛い

霞がかる視界の奥の君が見えない
胸の奥にしまった涙を
隠し切れない罪の跡と共に 雨に流すなら・・・


悲しい駆け引き 続く延長戦
胸の奥で待ちわびた End Of Rain
点と線 もつれた二人のすれ違い
嘲笑うかのような色の無い街

互いの想いが交錯する
明け方の東雲スクランブル
深層(真相)は海より深いle grand bleu
読み合うほど 迷う 心のSpiral labyrinth

抜け出しWhite Lights
優しい朝日 浴びる事出来るのはいつ?
もう今はその瞳が嘘ついてるの
隠してもほんとは分かってるよ

既に夢の遥か奥へ消えゆくあなたへ
未だにすがりつく僕はAnother Way
見つけられないんだ after the end
もう終わる事の無いレイニーデイズ

決して交わる事の無い2人の
視線が描く未来はまだ
形を持つことさえ許されない
脆く悲しい歌のようだね
posted by tys at 11:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

ミク×レンラップ新曲 Invisible Tears 完成 & 1年経過

お久しぶりです。3ヶ月ぶりに新曲を発表致します。




気づけば処女作発表から1年過ぎていたtysです。
創作に限った話では、作曲よりも作詞のほうが
遥かに楽しくなった、というのがここ1年で1番の大きな変化です。
その変化が、音楽性にも如実に反映された格好となりました。

ただ、それより何よりも、コミュニティが生んだ繋がりの影響が
個人的に大きな心境の変化をもたらした気がします。

今回の曲のサムネも、その繋がりの中で、とあるきっかけから
使用を決めたものです。

ご意見、ご感想お待ちしております。

--------------------------------------------
鏡音レン・初音ミクオリジナル曲 Invisible Tears
Words & Music by tys
Special Advisor by All Viewers(You)

今でもこの心揺らすのは
脳裏に焼きつく君のLast Smile
その幻に惑いパントマイム
踊らされ 迎えた朝はCloudy Sky

思えば遥か遠い日の出会い
笑顔の色は輝くEverwhite 
だった 僕の青空をみつけた日
忘れるわけないでしょ 絶対に

唇から漏れたTender Wind に
誘われるまま飛び込んだAventure
疲れ果てた頭で見た白昼夢
見せるのは記憶の底のサブリミナル

Lovely Night 奪いたくて剥いた牙
巡り巡って僕に突き刺さる今
瞳から失われたブリリアンス
その目線はどんな言葉よりも痛い

もう戻れない場所まできてしまったね
この体に染み込んだ罪の傷跡
なぞる君の手に僕のぬくもり重ねた


悲しい駆け引き 続く延長戦
胸の奥で待ちわびた End Of Rain
点と線 もつれた二人のすれ違い
嘲笑うかのような色の無い街

互いの想いが交錯する
明け方の東雲スクランブル
深層(真相)は海より深いle grand bleu
読み合うほど 迷う 心のSpiral labyrinth

抜け出しWhite Lights
優しい朝日 浴びる事出来るのはいつ?
もう今はその瞳が嘘ついてるの
隠してもほんとは分かってるよ

既に夢の遥か奥へ消えゆくあなたへ
未だにすがりつく僕はAnother Way
見つけられないんだ after the end
もう終わる事の無いレイニーデイズ

決して交わる事の無い2人の
視線が描く未来はまだ
形を持つことさえ許されない
脆く悲しい歌のようだね


--------------------------------------------
posted by tys at 05:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

VN北海道向け新曲投稿しました&ランキングについて



各所で騒がれていますが
ニコニコ動画のランキングのシステムが大きく変化した中
当初の予定通り、VN北海道向けの新曲を投稿致しました。

数日前は予想だにしていませんでしたが
この曲の歌詞は今日、この日に投稿する事で
作者が当初意図していなかったメッセージを
併せ持つモノになりました。


誕生からわずか1年の間、チャートを賑わし続けた
数多のVocaloid楽曲名を、矢継ぎ早に繰り出しながら
韻を踏み続けるレンは、今改めて聞くと
不安を抱きながらも、私を含めた作り手に
奮起を促しているようにも聞こえます。

VOCALOIDは今後どうなってゆくのか。
今までの盛り上がりが嘘のように消えるか。
システム変更の影響も薄れ、何事もないように元に戻るか。
一週間後、一ヶ月後、誰も予測は出来ません。


感覚が麻痺されている方も多いと思われますが
今まで、VOCALOIDの世界では「1000再生=埋もれる」
と言われてました。
(あくまでコメントやSNSの日記を見た印象ですが)
しかし、「無名の素人の曲を延1000人に聞いてもらえる事」
自体、1年前では絶対にありえない事です。
その貴重な空間から人が次々去ってしまうのは
少し悲しいです。


ただし「だったらどうするのか。」と聞かれれば答えは1つ。
「面白そうな曲が頭に浮かべば作る。飽きたら止める」
結局、今までと何も変わりません。

まあ、システム云々の問題ではなく
聴き手が飽きないような曲が生まれ続けなければ
いずれこのシーンは廃れる。
誰がどう考えようと、これは私の揺るがない持論です。


話は変わりますが、私自身も先日Vocaloid Nightに
参加致しまして、イベント後、VOCALOIDの界隈では著名な人達と
食事をする機会がありました。

誰一人例外なく一癖あり、強烈なエネルギーを持ち
そして、そのエネルギーを持て余すあまり
一週間後には何をしてるかもわからないような
人達でした。


それは、一ヶ月先、一週間先、ましてや明日の事さえ
あれこれ考えて行動することに意味はあるのか、と
思考を改めさせられるような食事でした。

明日の事など考えず、今一瞬に全てのエネルギーを注ぎ込む。
それは簡単なようで、とても難しいことなのかもしれません。


前置きが長くなりましたが
ご意見、ご感想頂ければ幸いです。

-------------------------------------------------

鏡音レン・初音ミクオリジナル曲 Shape of My Song
 Words & Music tys
 Artwork Meola
 Special Advisor All Viewers(You)

「君の心の居場所はどこ?」
茜色の空に思うこと
手が届く距離の時に限って喉の奥で
いつも 誰かにひとりごと

ふとした事で 君の感情逆撫で
瞳はいつも晴れときどきにわか雨 
でも日が暮れる頃には笑み湛え
頬を濡らした涙にさよならだね

その笑顔のため Time&Space 問わず
見守りたいから サイハテまで
目は離せない この想い伝えたくて
つい力がこもる つないだ手

いつの日か そうこの声 枯らす前に
君を変えると誓うT(ear)からS(mile)へ
だからこの手に持つCrystal Micで
飛び立とう廻り出すセカイへ

僕達の歌の形はまるで
目の前に広がる未来の様だね
僕達の歌の形はまるで
目に見えない運命の様だね

想いを誓っていた癖に
信じきれずにいた二人の Linkage
携帯(メモリ)からそのリグレットメッセージ
消して踏み出そうよNext stage

雨宿りの二人包む Shining Rainよ
どうか癒してくれHer Sweet Pain
帰り道 別れの時間来る前に
星空に願いを込めて Good Night

この空にどこまでもツヅク色は
けして褪せることはないだろう
永久に続く五線譜に乗せるFlowが
流星を運命の赤い糸の輪
に変えると 信じ君の心に
挑む始まったばかりのLove Story
君の記憶 アンチェインド・メモリー 
解き放つのは二人の音色ノ絆










posted by tys at 20:18| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

8/3頃に新曲を投稿予定です

お久しぶりです。

8/3頃に新曲を投稿します。

元々は8/2イベント向けの曲のため、詳細はあまり話せませんが
非常に仕掛けの多い曲になります。
(ここだけの話ですが、イベントに間に合わない危険性が高まり
 有給休暇を取るはめになりました(汗))


「出来ることを精一杯伸ばす。出来ないことはやらない。」
というコンセプトで制作しています。

投稿次第、追ってご連絡致します。


また、今回初めてイラストを依頼してみました。
私は本来、人に物を頼む、ということはあまり好きでは無いのですが
今回は相談等、色々な人のご協力を得て制作しています。


これは、意識が内側に向かないように、意図的に行った事ですが
結果として絵師の方に素晴らしいイラストを書いて頂き
本当によかったと思っています。


それにしても・・・まさかボーカロイドにここまでのめりこむ
事になろうとは、半年前の自分では想像もつきませんでした。

未来に形は無いという事を
改めて思い知りました。
posted by tys at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

次の一手

新曲ANSWERSONGを聞いて頂いた方、ありがとうございます!

今回も相変わらず反省点が多いですが
この曲の投稿がきっかけで、考え方に少し変化が生じています。


結論から言いますと、最近は「自分に出来ること、得意とすることは
なんなのか」を考え、何かに特化する事を意識しています。


ボーカロイドの世界は、既に「いいメロディの曲」「いい音の曲」が
星の数程ある様な状況になっており
印象に残るための曲を作るハードルは上がる一方です。

そんな中、あれこれ手を出すよりは、今出来ることを突き詰めていく方が
作者の単純な頭脳にとってはいいのかな、と思ったりしています。


近況ですが・・・実は休むまもなく新曲の作成に入っております。

イベント向けの曲という事もあり、いつもと少し考え方を変えております
(とはいっても、劇的に違う曲を作る事は当然ながら考えておりません)
8月の公開を予定しています。
posted by tys at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

新曲 ANSWERSONG 公開!



奇しくも3月公開した「Whisper」の10000再生達成日と
同一の日にリリースする結果になりました。

Whisperの続編的な意味合いも込めたギター中心の
ロックサウンドで、広い意味でのアンサーソングということで
まんま「ANSWERSONG」というタイトルにしてみました。

ご意見、ご感想頂ければ幸いです。

----------------------------------------

たとえ全てが 移り変わるものだとしても
このままではいられないことだって
解ってるよ だけど 目の前の
今この瞬間が 私の選んだ答えだから

足元で生まれては消える 無数の岐路に
目を向ける暇なんて 時は与えてはくれない

けど今まで選び続けた道は
「正解」か「不正解」かなんて
物差しで決めたんじゃない
 
手にした大切なモノが 
風に溶けるように
あっけなく消え去ったとき
私は突き動かされるように
目の前の重い扉を開けた

無限に広がる大地のどこかで
生まれ それぞれが地に足をつけ
ぶつかりあいながら 何かを分け合い 
互いの心に証を刻むこと

それは何も変えられない たった一つの
私の誇りでした だから忘れない この胸の奥に
しまった日々が色褪せたとしても

道端に咲き誇る花が 悟ったように土に還るとき
この地上の全ての姿を映しているような気がするんだ


いつもあの日震える肩にくれた
温もりを小さな燈に変えて 
この道を照らし歩くから
もう何も怖いものなんてないよと

心の中に言い聞かせた
強がること覚えたのはずっと昔
ふと振り返った瞬間こぼれた涙は
あの頃よりもずっとずっと暖かかったよ

足元で生まれては消える 無数の岐路に
目を向ける暇なんて 時は与えてはくれない

けど今まで切り捨てた事 それは
「正解」か「不正解」かなんて
物差しで決めたんじゃない


-----------


posted by tys at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

新曲 ANSWERSONG 制作開始

近況です。

最近、頭の中で寝かせておいた新曲の構想がやっと固まってきたため
(思えば2月からVOCALOIDの新曲を作っていませんでした・・・)
そろそろ作業を開始しようかなと思っているところです。

思えば、ニコニコ動画が無ければ、今作者がアップした全ての楽曲は
全く形になることなく、作者の頭の中に眠っていだけでしょう。
モチベーションが産む力の凄さを強く感じています。

これは、作者のモノに限らず、今ニコニコ動画で多くの支持を集めている
楽曲の数多くは同じようなものだと思います。

DTMが、初音ミクで盛り上がる前の、遥か昔を知っている人間にとっては
夢見ることさえ忘れていた世界が、突然やってきた感じです。

なんだかこれ以上書くと年寄りの戯言になってしまうような気がするので
やめておきましょう・・・。

とりあえずサムネだけおいてきます(汗)
Answersong.bmp
タグ:初音ミク
posted by tys at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

【マッシュアップ】平野綾 vs Incognito vs Paris match/Deep Nights Adventure 公開しました



約半年ぶりのマッシュアップです。

平野綾/冒険でしょでしょ?
Incognito/Nights Over Egypt
Paris Match/Deep Inside


どう考えても、絶対に結びつきようの無いメンツの組み合わせという事もあり
とてもやりがいがありました。

ありえない3組の共演をお楽しみ(?)下さい。
posted by tys at 14:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

これから・・・

新曲 エメラルドコーストを聞いて頂いた方、本当にありがとうございます。
この場を借りてお礼の言葉を述べさせて頂きます。

今までとうって変わって実験的な要素がかなり強い曲でしたが
そういう部分に対して特にコメントが貰えて胸をなでおろしています(笑)

もし、この曲を気に入られた方であれば、こちらがおすすめです。
dahlia - Rental "dolly PINK" sea anemone (talking)


4つ打ち全盛の今だからこそ、こういうグルーブが
最近かっこよく感じてたまりません。

現在ですが、いったんVOCALOIDはお休みし、マッシュアップを作っています。
(あらかじめ言っておきますが、吉○三は絡んでいませんよ)

エメラルドコーストもマッシュアップ物なのですが、それが縁で
かつてネット上でお世話になった方に再開した事もあり、
制作意欲が沸いてきました。

完成次第、この場を借りて発表しようかと思います。
posted by tys at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

エメラルドコースト アップしました




1.新環境(Sampletank2.5 Reaper0.99)の扱いに慣れ、音質向上を目指す
2.真剣に遊び心のある歌詞に挑戦する(?)

以上、大きな二つの目標を掲げ、リメイク版をアップしました

調教が上手くない癖にラップに手を出すなど、若干の暴挙も犯しており、
聞きずらい箇所もあるかと思われますが、聞いていただければ幸いです。



-----------------------------
Words & Music tys
Sampling "Brazilian Rhyme" by Earth Wind & Fire
"Last Regrets" by I've
Special Advisor All Viewers(You)
-----------------------------

(Miku)  
永遠に 君を抱きしめたい衝動にかられた
あの瞬間 祈った願いを
今また 広がる青空に向けて解き放つから
「このまま 時よ止まれ」と 

(Len)
太陽照りつけるSummer Day 幕開けたいつかのFairytale
君が歌えば 光放つRainbow 空に描き足した Miracle Paint

 
Someday I Wanna Free Your Mind
だからありったけの想い この crystal mic
に込めたよ 歌に形はないけれど
笑顔生み出せるから Sing & Smile


(Miku)
火照る体 さますように 飛び込んだ
Emerald Green の海の奥に
もぐれば深い青に変わる景色

この色のように切なくて儚く 
終わった恋があった事 
記録しているかのような場所

陽射しの強さに思わず目を細め眺めた
砂浜の奥に 君の幻を見た
新しい 季節が重なる度に薄れてゆく影に
まだ さよならは言えない

(Len)
夢の終わり End Of Last Summer
まだ見えない涙を流すなら
いっそ弾きたかった運命のTrigger
でも手にはまだきみの体温(ぬくもり)が
消えない それは夏の残り香
So I Wish Upon a Holy Star
かけがえのないDay By Day
連れ去りたかったサイハテまで


(Miku)
風と一つになれる丘の 上に立ち
深呼吸しながら 誰ともなく問いかけてみた

「私が私であるために 必要なモノは
ここにありますか?」と
風は何も言わずに 優しく頬を撫でた


永遠に 君を抱きしめたい衝動にかられた
あの瞬間 祈った願いを
今また 広がる青空に向けて解き放つから
「このまま 時よ止まれ」と 
--------------------------
posted by tys at 03:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

CREATOR'S DELIGHT

近況です。

4/19に、新作(リメイク版ですが)アップ予定です。
今回はラップにも初挑戦してみました・・・が
制作の真っ只中にとてつもないラップ曲が
ニコニコ動画に投稿された事もあり、妙に緊張します(汗)



ネタ曲ですが、韻のこだわり様を見るに
この作者は日本語のラップを相当真面目に研究したのでは
ないでしょうか・・・。

とはいえ、今回はいつになく楽しんで作る事が出来ました。
韻や言葉遊びを絡めた、制約の中で作る作詞は
自由に作るものとは全く違った面白さがあります。

曲作りは、アイディアが浮かんだ瞬間の喜びやテンションを、
いかにそのままの形でアウトプットできるかどうかに
かかってると思いますので
楽しみを見出す事は大切かもしれません。

実をいうと作者は正直、作業そのものをあまり楽しめる人
ではないのです。

友達に絵で金をもらっているプロの人がいますが
もう一目見ただけで「作ることそのものを楽しんでいる」
姿が見え、嫉妬するほど羨ましいです。
その精神自体が才能とも思えます。

畑違いではありますが、モノを作る上で、そういう精神の違いに
絶対的な差を感じてしまいます。(プロとかアマとかは関係なく)

ただ、アイディアが浮かんだ瞬間、それを世に放つ瞬間
その2つの瞬間の喜びのためだけに
初音ミクに手を出しているようなものなのです。

このように、傍から見ると相当変人な作者かもしれませんが
暖かく見守ってやって下さい(?)
タグ:初音ミク
posted by tys at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

真剣に遊ぶ

SampleTank2.5が無事届きました。
音質を生かすため、DAWもAcid Music Studio 6.0 → Reaperに乗り換え
(Acid Music Studio でレコーディングした際の音質劣化が激しい。
作者のやり方が悪いのかもしれませんが・・・)今は遊びながら少しずつ覚えてる
最中です。

思えば、去年あたりから何らかの形で音をネット上で発表し始めて
自分は初めて真剣に遊んでるな、という実感が沸いてきています。

学生時代以前に、こんなに遊びに真剣になったことあったか、と思い返すと
正直あんまり思い浮かびません。
よりにもよって社会人になってから色々はまってしまうとは・・・。

社会に出る前に、真剣に遊び切ったんだな〜と感じ取れる人は
そのエネルギーを仕事に転化し、思い切って出来る人が多いです。
逆に作者みたいな人はもう見るも無残!
まぁ、楽しんでやってるのでいいですが。

教訓。遊びは真剣にやりましょう。

何よりも、真剣にやっただけ輝けるということ。
真剣にやるのが遅れると社会との距離が広がります(汗)

次回発表予定作のサムネ↓
4月中に発表できればいいなと思います。
Emerald.bmp
posted by tys at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。